ブログトップ

あの頃のヒラタクワガタを求めて

mykuwa.exblog.jp

2016‐2017本土ヒラタ羽化結果発表

2016‐2017本土ヒラタブリード結果発表!!パチパチパチ。
汚い拍手だ。。。(笑)⬅分かる人には分かる下りで、どーも、おひさしぶりです。
私です。

更新しなさすぎて、自分でもよう訳分からない時系列になっとりますので、結果だけサクッと発表します。

ちなみに2016年の種親は、下記にて。

①M様9番♂71.2㍉×M様4番♀41.9㍉
(M様の別血統同士のかけあわせ)
※昨年羽化させた♂♀の最大同士の
かけあわせで、親越えなるか?

②M様4番♂69.2㍉×SJ♀39.7㍉
(M様の血統と、私の育てあげてきた
じいちゃん血統アウトラインとの
かけあわせ)
※横幅がありとても気に入ってる
ラインです。

③HSJ♂67.1㍉×SJ♀40.4㍉
(私が育てあげてきたじいちゃん血統の
インラインとアウトラインの
かけあわせ)
※本家(wild)から引き継いできている
フォルムが、どれ程固定され、
次世代に引き継がれるか?大きさも
楽しみです。

結果は、①番血統の羽化が殆どで、②は産まず、③は少量小型という結果に。。。

♂は全部で20匹羽化で、
69㎜UPが7匹で、最大はまさかの、
『パッカーン。。。』
桃太郎やないんやから~~とツッコミたくなります。。。(笑)

d0314275_19581989.jpg

d0314275_20033193.jpg


上肢長い方で測ると、72,4㎜。
短い方で72,2㎜ 。
こういう場合はどっちがサイズになるのでしょうか?どなたかご教示下さい。。。

パッカーンをはじめ、69,0㎜、 69,6㎜×2匹、69,8㎜、70,2㎜、 70,6㎜が羽化しました。

60㎜前後のサイズが6匹いましたが、それ以外は67㎜近くが多数という結果に。

♀も過去最大の42,2㎜を羽化させることが出来ました。

全体的に数は少なかったが、その中で69㎜UPを多数排出できたのは2016シーズンの成果ですね。

しかも2016年シーズンから、菌瓶を外の常温でのみの管理に変更しましたのに(対策は少しとってますが)、この結果には、一定の評価はしたいと思ってます。

2017シーズンは3ペア産卵セットを組んだのですが、今回は散乱セットになってます。。。ひどい。。。
産んでるペアは産んでますが。。。

2017年は2016年より少なくなる?
大変。不安。焦り。(笑)

こちらはまたいつになるか分かりませんが、更新します(笑)

今年羽化の美形ヒラタ。69㎜
d0314275_19582176.jpg


③血統で、ダイオウヒラタのような形のが羽化(これはこれでお気に入り)
d0314275_20054539.jpg





[PR]
# by mywayfeat-soul | 2017-07-29 19:54 | 2016-2017 本土ヒラタ ブリード

2015‐2016本土ヒラタの羽化結果

2015‐2016本土ヒラタ結果発表(笑)

もう、2017年ですが、昨年の羽化報告が出来ていなかった為、発表させていただきます。

2015‐2016年ブリードは、70㎜UPを2体羽化させる事が出来ました!

同志の証F血統 (M様♂74㎜×M様♀43㎜)の種親より、♂72,1㎜
d0314275_03073538.jpg


d0314275_03000885.jpg


邪血統(自己採取♂62㎜×神社血統♀36,5㎜)の種親より、70,3㎜初の自己採取血統からの70㎜UP
d0314275_14502114.jpg

以上2匹を含め、69㎜UPを2匹羽化させることが出来ました!

2015年より、外での完全常温でのブリードを始めたのですが、夏場に日除けのシートが風でズレ、直射日光があたってしまい、管理が悪く、幼虫が多数死んでしまいました。。。

そんな中で、70㎜UPを2体羽化させることができ、また、自己最高の72,1㎜を羽化できて良かったです!

2016‐2017ブリード分については、今現状、先々週位からちらほらと♂も蛹室を作り始め、先週位にほぼ全匹蛹室を作り終えました!

昨年10月頃??に2本目の1400CCに移した時に、最大19㌘が5匹、17㌘が7匹位いました。

3月末頃に、かなり劣化した菌瓶があり、2匹の入れ換えをした際、1匹は21,5㌘あり、完全外の環境下でも今冬も成長していることが分かりました。

2016‐2017年の本土ヒラタのブリードも、結果が楽しみです!

蛹室の大きさが110㎜ある固体が2匹います。いやぁ~~楽しみですねぇ~~(笑)
d0314275_14502331.jpg

d0314275_14502554.jpg


かなり遅い報告になりましたが、またボチボチ更新したいと思いますm(__)m
※UPした写真が違っていた為、画像の差し替えと、一部文章を編集しました。5月7日 午前3時19分
[PR]
# by mywayfeat-soul | 2017-05-06 14:43 | 2015‐2016 本土ヒラタブリード

2016-2017本土ヒラタ 産卵セット割り出し

d0314275_20560843.jpg

6月11日に、2016-2017本土ヒラタブリード分の産卵セット割り出しを行いました!

今期は下記の3セットを組んでいます。

2016-2017本土ヒラタ 種親(3ペア)

①M様9番♂71.2㍉×M様4番♀41.9㍉
(M様の別血統同士のかけあわせ)
※昨年羽化させた♂♀の最大同士の
かけあわせで、親越えなるか?

②M様4番♂69.2㍉×SJ♀39.7㍉
(M様の血統と、私の育てあげてきた
じいちゃん血統アウトラインとの
かけあわせ)
※横幅がありとても気に入ってる
ラインです。

③HSJ♂67.1㍉×SJ♀40.4㍉
(私が育てあげてきたじいちゃん血統の
インラインとアウトラインの
かけあわせ)
※本家(wild)から引き継いできている
フォルムが、どれ程固定され、
次世代に引き継がれるか?大きさも
楽しみです。

今期は、以上の3血統をブリードします。

5/1に同居開始

5/7に♀を産卵セットに投入


割り出し結果

①血統

幼虫×28匹、卵×58個、☆× 2匹


※記録

②血統

幼虫×0 匹、卵×0 個、☆× 0匹


③血統

幼虫× 23匹、卵×7 個、☆× 1匹

①は、『※記録』と記載していますが、1ペアで1回のセットでの私の中の爆産記録を更新しました(笑)

まさかここまで産むとは。。。

そのままの状態で♀を放置していたら、どれくらい産んでいたことか。。。

②は、♂が冬眠明けからいまだに餌をあまり食べず、最近は動きがおかしくなってしまったので、ペアリングする前から、何かおかしかったのでしょう。

同じ血統の♂も、元気だったのですが、急死。。。

ということで、このペアは諦めます。。。


また進展あれば、更新したいと思います!


2015-2016ブリード分も、羽化待ちの個体が残り数頭となりました。


驚き??の結果はもうしばらくお待ち下さいm(__)m(笑)

では、また♪♪


[PR]
# by mywayfeat-soul | 2016-06-17 20:54 | 2016-2017 本土ヒラタ ブリード

2015-2016 本土ヒラタ 羽化スイッチ

今日、本土ヒラタの蛹達を確認すると、♂♀共に1匹ずつ、羽化していました004.gif

d0314275_20184040.jpg

最終交換時に15㌘だった個体で、瓶の外からノギスで測ってみると、65㍉程度でした!

♀も測ってみると40㍉ちょうど位でした!

以前のブログに最終瓶交換時の㌘数を記載していますが、今期最大の23㌘は、瓶の外からノギス測定すると、少し身体が曲がった状態で、蛹体長が62㍉ありました016.gif

ですので、蛹が綺麗に伸びきったら、64㍉近くまであるかもしれません。

蛹室の大きさは信頼できる目安にはなりませんが、蛹室全長79㍉あります!

これはもしかするともしかするで、73㍉か4㍉近くが羽化してくれるかも??
とかって、今から羽化が楽しみで仕方ありません!!!

蛹の大きさが全然分からない22㌘や21㌘もいますし、最終瓶交換時に16㌘だった個体が、蛹体長60㍉位あるので、60㍉後半は確実な大きさなので、これからの羽化ラッシュが、期待大です010.gif010.gif

23㌘の個体が無事に羽化してくれたら、間違いなく、自己ギネスの71,2㍉は超えてきてくれそうです(^^ゞ

梅雨入りしましたので、猛暑になる前には、全ての個体が無事に羽化してくれることを、切に願います006.gif

また動きあれば、UPしたいと思います!
[PR]
# by mywayfeat-soul | 2016-06-05 20:04

2016-2017 本土ヒラタ ブリードスタート

GW、いかがお過ごしでしょうか??

私が住んでいる熊本県では、大地震が発生しましたが、私が住んでいる地区は大きな被害もなく、断水等もなかったので助かりましたが、本当に甚大な被害に、メディアで見ていても同じ熊本の映像とは信じられない思いが、いまだにしています。

GW明けには、多くの学校も授業が再開できるとニュースでも伝えられていますが、全校ではないとの事。。。

南阿蘇鉄道は最低1年。

熊本城は3、40年は復興にかかるとの事。

『がんばろう 熊本!!!』

被害に遭われた沢山の皆様の復興を、心よりお祈りしています。



では、ブリードの話をしたいと思います。

2015-2016のヒラタクワガタの幼虫達は、ようやく蛹室を作り終わったぐらいですが、2016-2017のブリードをスタートさせました。

と、昨年より半月遅いですが。。。

2016-2017本土ヒラタ 種親(3ペア)

①M様9番♂71.2㍉×M様4番♀41.9㍉
(M様の別血統同士のかけあわせ)
※昨年羽化させた♂♀の最大同士の
かけあわせで、親越えなるか?


d0314275_17430642.jpg


②M様4番♂69.2㍉×SJ♀39.7㍉
(M様の血統と、私の育てあげてきた
じいちゃん血統アウトラインとの
かけあわせ)
※横幅がありとても気に入ってる
ラインです。


d0314275_17453915.jpg


③HSJ♂67.1㍉×SJ♀40.4㍉
(私が育てあげてきたじいちゃん血統の
インラインとアウトラインの
かけあわせ)
※本家(wild)から引き継いできている
フォルムが、どれ程固定され、
次世代に引き継がれるか?大きさも
楽しみです。


d0314275_17464814.jpg


今期は、以上の3血統をブリードします。

5/1に同居開始

①のペアは、同居開始5分で交尾完了(笑)


d0314275_17481084.jpg


5/7、本日、産卵セットに♀を投入しました。

はたしてどれ程産まれてくるか、今から楽しみです(^_-)♪
[PR]
# by mywayfeat-soul | 2016-05-07 17:40 | 2016-2017 本土ヒラタ ブリード